意外と知らない?「貯金」と「貯蓄」の違い

貯金と貯蓄は違う

日頃何気なく使っている貯金と貯蓄という言葉ですが、実はこのふたうの言葉は違う意味のものです。
私たちが日頃、お金を貯めなければと思うと貯金をしなければといっているのですが、目的によっては貯金ではなく貯蓄をするべきであるということもあるのです。

そこで、ここでは貯金と貯蓄というのがどのように違うのかを紹介していきます。
そしてそれを知ることでどちらを目指すことが必要なのかも説明していきます。

貯金とは

貯金というのは漢字の通りお金を貯めることですし、貯めたお金のことです。
そのため、貯金箱に貯まっているものや通帳の中にあるものを指します。

会社に勤めている人の中には財形貯蓄をしている人もいます。
これも貯金の一つですし似たよなものである定期預金も貯金です。
ポイントとなるのは貯金というのはお金を貯めているということであって、そのお金を何か活用しているわけではないということです。

ちなみに、貯金と預金も意味が異なります。
預金というのは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などに預けたお金を指します。
それに対して貯金というのは、ゆうちょ銀行、JAバンクなどに預けたお金を指します。

貯蓄とは

貯蓄というのは、金融資産の総称です。
金融資産というのは、貯金も含みますし、株式や投資信託といった投資商品、保険屋個人年金も含まれます。
このような資産というのは全て貯蓄となります。

投資商品というのは万が一の時には元本を割ってしまい損失が出ることがあります。
しかし、投資がうまくいった場合には元本を大幅に上回るリターンを得られるのがメリットです。

貯金よりも貯蓄を目指すことが重要

貯金と貯蓄の違いがわかれば自ずと必要となるのは貯蓄であることがわかります。
貯蓄というのはただお金を貯めるだけではなくそのお金が増える仕組みがついてくるためです。

これから日本は高齢化社会を迎えます。
そうすると私たちは年金が今と同じ金額を受給できるのかという不安があります。

また、長引く金融不安から終身雇用も崩壊しており退職金も希望通りの金額を受け取れるかという不安があります。
このような不安があるとセカンドライフを楽しむことができない上に、退職後も仕事を続けなければならない状態が起きます。

そこで、そのような不安を解消するためにも貯蓄をすることが重要なのです。
貯蓄とか投資信託、株式と聞くと大きな金額が動くことへの不安んを抱く人も多くいます。

しかし、あくまでも自分にできる範囲から始めることが重要です。
無理なく長く続けることが最も大事ですから、月に1万円からでも十分な貯蓄対策となります。
貯金と貯蓄の違いをしっかり把握して、楽しく対応しましょう。