夫婦の貯金ルールって?注意点は?

夫婦の財布のルールの多様化

結婚したとも共働きをするという家庭が増えています。
これは世帯収入が共働きをしなければ十分に得られないこと、雇用機会均等法の整備が進んだことで女性が社会参加したことなど様々な理由があります。

また、家電製品が性能が上がったことで家事にかかる時間が削減でき女性の自由な時間が増えています。
このように女性が結婚して家庭に入ることが当然となくなったことで、多くの家では専業主婦が減っています。
正社員でなくてもパートとして働きに出ているという人も増えています。

このように共働きが増えたことによって、家計管理の方法が多様化しています。
そこで、ここでは家計管理の方法を様々なパターンで紹介をしていきます。

夫婦の財布が同じ場合

従来の家計管理というのは妻が全てを握るのが一般的でした。
夫の給与の中からお小遣いを夫に渡して残ったお金が生活費や住居費、貯金になるのが一般的な方法でした。
一括して家計管理がされることによって家計の状況がわかりやすかったこと、家計管理をする人が家事をすることで生活費の収支の調整がしやすいということがメリットでした。

しかし、最近ではそれ以外にも夫が家計管理をするという過程も増えています。
夫が自分の通帳に自分の給与が振り込まれた後、家計に必要な費用を妻に渡して妻はその中で家計管理をするという方法です。

これは夫がきちんと家計管理ができなければ貯金ができていない不安があります。
また、夫がどれだけの給与を得ていてそのうちのどのくらいのパーセンテージを家計に渡しているのかということもわかりにくいです。
そのため、先取り貯金で自動的に貯金に必要な金額が取られるようにしたり、貯金状況や収入は適宜教えてもらえるといったルールをしっかりと持っておくことが重要です。

夫婦で財布を分ける

共働きであり、特に二人ともが正社員として働いている場合には、財布を分けて生活するケースが増えています。
これは、財布の分け方にも様々なものがあり、まずは家計の中で必要経費を分担して担うという方法があります。
家賃や生活費、光熱費、といったものを収入に応じて振り分けてそれぞれが個人の通帳から引き落とされるようにして、それ以外は各自のお小遣いとするのです。

他にも、自分たちの通帳から毎月決まった金額が自動的に振り込まれる共用の通帳を作成し、引き落としはそこから全て行われたり、必要なお金があればそこから引き出して使うという方法をとっているケースもあります。
これは、お互いが支払う金額が給与に見合っているために公平性が高いですし、通帳に残ったお金が自然と貯金となるというメリットもあります。
また、手元に残るお金が多くなるように残業や仕事を頑張るというメリットもあります。