タクシーの利用料を安くする

毎日の移動手段が自家用車や公共の乗り物である場合にはタクシーの利用料に悩まされることはしません。
しかし何かとタクシーを利用する人の場合、1ヶ月の出費のなかでもタクシーの利用料に悩まされることがあります。

必要に応じタクシーを利用するのは仕方がないことですが、少しでも節約するためにはどうすればよいのでしょうか?
まず最も重要になってくるのが、土地柄、そして道路そのものをしっかり把握しておくことになります。

信号は避けるルートを知る

近年では様々なアプリケーションなどによって道路の状況を詳しく知ることができますので、あらかじめ自分が頻繁に利用するルートの中でも特に信号の少ないものを選びましょう。
最近はタクシーの運転手さんも乗車した際にどのルートを通るのかと希望を聞いてくれます。

万が一聞かれなかった場合にも自分から指示することで信号の少ない道路を使用することができますので、これだけでもタクシーの利用料を浮かせることにつながります。
信号待ちをしている間にもタクシー料金はどんどん加算されてしまいますので、こんなにももったいないものはありません。
少しでも信号の少ないルートを自分自身が把握しておくことで、行き先によっては大きな節約になります。

出来るだけ渋滞時間を避ける

道路によっては夕方や朝の時間とても渋滞してしまう事がありますが、こうした渋滞するルートも避けた方が良いでしょう。
致し方がないときには避けられませんが、タクシーを利用する時間帯を考えるだけでも渋滞に巻き込まれず、ここでもタクシー利用料金がかさんでしまうことを防ぎます。

あまりにも渋滞しているようであれば、目的地より手前で降りて、そこからは徒歩で向かうといった方法も考えていきましょう。

急いでいることを主張する

頻繁に利用するルートであれば自分で信号や渋滞などは避けたルートを考えられますが、知らない土地の場合にはそうもいきません。
そのためお仕事などで出向いた先でタクシーを利用する際には可能な限り急いでいることを主張しましょう。

そうすれば必然的に運転手さんが混んでいない道などを選んでくれるため、同時にタクシー利用料を節約することができます。
毎日のようにタクシーを利用する中でも、何も考えずに乗っているのと上記したようなポイントを押さえながら乗るのでは大きな違いがありますから覚えておくと良いです。

特に細い路地などを利用する際には路地の手前で降りて歩くことができるように、あらかじめ少し前に出発するなどといった工夫も大切ですね。
タクシー利用料は1ヶ月をトータルすると比較的大きなものになりますから、利用する度に数百円でも節約できる方法を考えましょう。
また、1メーター程度であれば徒歩で向かうのも一つの手段となります。