結婚式に呼ばれた!ご祝儀は節約できる?

誰もが経験したことのあるご祝儀貧乏

20代後半から30代前半というのは結婚適齢期であり、最も結婚する人が多い時期となります。
そのため、誰もが一度はご祝儀貧乏という状態を経験したことがあるものです。

せっかくの結婚式、友人の晴れ姿を見たい、祝福したい、という気持ちはあるのにご祝儀が出て行くということを考えたら行きたくないな、という気持ちが芽生えてしまうこともあります。
もちろん、いま払ったご祝儀は自分が結婚するときに戻ってくるという考えもできます。
しかし、人によってはその自分に戻ってくる時期がいつになるかわからない不安を抱えている人もいますし、人によっては結婚をしないことで戻ってこないというケースもあります。

ご祝儀は節約できるのか

一般的に友人として列席する結婚式のご祝儀は3万円です。
これは奇数で割れない数であること、などしっかりと意味があります。
しかし、あい菌では結婚式がカジュアルなものも増えてきたこと、長引く不況から思うように給与が得られないという人も増えたためにご祝儀が2万円というケースも増えています。

ご祝儀が2万円というケースも増えているものの、やはり2万円包むというのは避けるべきです。
この後の友人関係を考えればご祝儀を節約するということは賢明ではありません。

大事なのはご祝儀以外での節約

ご祝儀の3万円は絶対にケチることなく支払うべきものです。
そうすると、結婚式費用を抑えるためにはそれ以外のもので節約をすることが重要です。

例えば、結婚式のドレスというのは一着のみで過ごすとどの式にも同じドレスで参加することとなります。
高校の同級生のように同じメンバーが集まる式が続いてしまうと「いつも同じドレスで出席している」と思われますし、記念撮影でも同じ服装での写真ばかりが残ってしまいます。
そのため、多くの人が複数のドレスを持っているものですし、式が続けば新しく買い足す必要が出てくることもあります。

しかし、ドレスも決して安いものではありません。
そこでこのドレスの購入費用を上手に節約することが式に参加する際の費用の節約に効果的です。

例えば、体型の似ている友人との貸し借りをすればそれだけでお互いに異なるドレスを着ての参加ができます。
高校の友人の際にはその友人らと関わりのない大学の友人から借りれば借りているということもばれません。

また、アウトレットを活用するのも一つの方法です。
アウトレットであればトレンドのものではなくても、リーズナブルに購入できますし、普段買わないようなタイプのドレスにも挑戦しやすいです。
また、最近では結婚式の参列者用のレンタルドレスのお店もあるのでそれを活用するのもオススメです。