冬の光熱費を抑えるコツ

どのご家庭でも冬場になると光熱費がとても高くなると言われています。
冬はどうしても寒さが厳しくなりますので、エアコンをはじめとしてその他にも複数の暖房器具を使用してしまうことや、長い時間お風呂に入ったりしてしまうことで、光熱費がかさんでしまうことになります。

ご家族で生活していればその分かさんでしまう光熱費も大きくなりますが、一人暮らしをしていても、複数の方法で冬の光熱費を抑えられますのでポイントをしっかり押さえておきましょう。

エアコンは無いものとして考える

近年では賃貸住宅などでもエアコンが完備されていることが多く、エアコンのない部屋を探すほうが難しい状態です。
しかしこのエアコンは便利だからと言って使えば使うほど非常に多くの光熱費がかかります。

また部屋の作りによってはエアコンを使ってもなかなか温まらない事があり、ここでも無駄な光熱費を使ってしまうことになるので、そもそもエアコンはないものとして生活しましょう。
どうしても寒くて我慢ができない時にはファンヒーターとかね合わせてエアコンを使用し、部屋が暖まった段階でエアコンは消します。

コタツを最大限に活用する

冬場の暖房器具として近年人気を集めているのか、コタツになります。
ただし、コタツそのものを使うのではなくホットカーペットを敷いてその上にコタツを乗せます。
こうすればホットカーペットのスイッチを入れるだけでも、床そのものが暖かくなるまで、他の暖房器具を使わなくてもぽかぽかの空間の中で過ごすことができます。

さらにコタツを上に乗せておくことで熱が逃げず非常に暖かい空間を作ることができますから、ここで食事をしたり、その他にもさまざまな作業などをしましょう。
エアコンを使うよりもはるかに安い光熱費で暖を取ることができます。

シート類を活用する

ホームセンターやドラッグストアなど様々なお店でアルミ保温シートや結露防止シートが販売されていますが、このようなシート類をどんどん活用していくことも大切です。
アルミ保温シートに関してはホットカーペットの下に敷いておけば、熱が逃げにくくなりとても暖かく過ごすことができます。

また結露防止シートに関しても、窓に貼っておくだけで冷たい冷気が入り込んでくることを予防し、さらには結露によって、窓の温度そのものが下がり、お部屋全体が寒くなってしまうことを予防します。
このほかにも包装資材として使われるプチプチを窓に貼っておくと防寒効果を得られますので覚えておきましょう。

このように冬の光熱費を抑えるコツはいくつかありますから、しっかり毎日の生活に取り入れながら節約していきましょう。
特にホットカーペットに関しては小さなサイズのものをセレクトしておけば、さらに光熱費を抑えることにつながります。