使い方を見直そう!冷蔵庫の節約術

冷蔵庫を持たない暮らしは考えられない

節約ブームや断捨離ブームから不要な家電を持たないという人が増えています。
家電製品を手放すことで他のもので代用したり、そのものがなくなることによって購入費用やランニングコストが節約できたりということで人気を集めています。

しかし、そのような断捨離の中でも捨てることができないのが冷蔵庫です。
その反面冷蔵庫というのは毎日使い続けているものであり電源を切ることができないために消費電力が自宅内で最も高い割合となる家電です。
そこで、冷蔵庫のランニングコストの見直しをすることは節約のためにはとても重要です。

冷蔵庫の電気代の節約

まず、冷蔵庫の電気代節約といえば、設定温度の確認です。
冷蔵庫の中には冷蔵と冷蔵ともにその庫内の温度の調整ができるようになっています。
しかし、多くの人がそれを気にせずに購入時のまま用いていることがあります。

多くの場合、購入時には設定が最も強いものになっていることが多いです。
そこで、部屋の気温に応じて庫内の温度を調整することで節約をすることができます。

一昔前までは、冬場は部屋も寒いので庫内の温度設定を弱として、夏場は部屋の温度が高いので温度設定を高とするのが一般的でした。
しかし、最近では夏場もクーラーをつけているので部屋の温度が低めとなっていることが多いです。
そこで夏場でも冷蔵庫内の温度を高くすることなく中や低にしていても十分に庫内を冷やすことができます。

次に庫内の収納の工夫です。
小さなことなのですが、壁から少し話してものを置くだけで十分な節電効果があります。

これは、冷蔵庫内に熱がこもるとそれを冷やすために電気代がかかるためです。
背面や側面から5センチメートルから10センチメートル空間を作って食品を入れるだけでも節約になります。

また、同じ要領で冷蔵庫の中身を詰めすぎない方が庫内の空気が低い状態を維持できて庫内の電気使用量を抑えられます。
逆に冷凍庫は荷物が多めの方が冷たいものが冷凍庫に詰まっているおかげで冷却効果が高まり庫内の電気使用量が抑えられます。

冷気を逃がさない工夫

よく、冷蔵庫用のカーテンが取り付けられている冷蔵庫を目にします。
これはカーテンを取り付けるだけで冷蔵庫内の冷気を外に逃がさず、暑い外気を取り込まずに済むことで大きな節約効果を生み出します。

しかし、この冷蔵庫内のカーテンというのは使用すると意外と使いにくいと思う人が多いものです。
取り出したいものの前にカーテンがあるのでいちいち避けてしまう人がいます。
このカーテンを避ける作業をすれば冷気が逃げるので意味がありません。

そこで、このカーテンを取り付けることが性格的に合わないという人は冷蔵庫を開ける回数を減らすことでも同じ効果が得られます。
冷蔵庫を開ける回数を減らすためには効率よく行動をすることができるので時短料理にも役立ちます。