こんなものまで!?冷凍保存で賢く節約

節約の強い味方、冷凍保存

冷凍保存を上手に活用することで大幅な節約ができます。
何も冷蔵庫に食べるものがなく、外食しなければならないと思っても冷凍していたおかずがあればお米をたけば晩御飯が食べられるということも多くあります。

また、安いときにたくさん購入して冷凍をしておくことで、食費の節約をするということもできます。
このように冷凍保存をするということは節約でとても重要な役割を担っているのです。

冷凍保存の勘違い

冷凍保存が便利、冷凍保存が節約できる、ということを聞けば多くの人がなんでも冷凍しておけばいいと勘違いしがちです。
しかし、食材の中には冷凍保存が向いているものとそうでないものがあります。
また、冷凍保存をする際の方法というのもあります。

この冷凍保存の方法を正しく行わなければ食材のおいしさが損なわれてしまったり、無駄にしてしまったりすることになります。
そこで、冷凍保存をする際にはその方法をしっかり学んだ上で行うことが重要です。

また、冷凍保存をすれば節約になるからとなんでも買って冷凍保存する人がいます。
しかし、大事なことは冷凍保存をすることではなくそれを活用することです。
ですから、冷凍保存をするにあたっても計画的に行うことが重要なのです。

冷凍保存のコツ

冷凍保存をする際には、冷凍が向いているものや冷凍する方法を確認することが重要です。
例えば、キノコ類というのは冷凍することで風味が増して美味しくなると言われています。
同じように余らせがちな生クリームもあわ立てて小分けにして冷凍しておけばホイップクリームとして活用ができます。

また、ジャガイモは冷凍が向かないと言われています。
そのために、カレーをつくってもジャガイモを入れたために冷凍保存ができず食べ切らなければならないということが起きます。

しかし、ジャガイモは茹ででマッシュしておけば冷凍保存することができます。
これは解凍してポテトサラダやコロッケに使うことができるので、とても便利です。
また、カレーを作る際にはジャガイモを入れずにマッシュして別添えにして出すようにすることで、カレーもジャガイモも余ったものを冷凍できるようになります。

同じく意外なものとして大根があります。
大根はきれいに洗って食べる際に困らない形にカットして冷凍すれば食べるときにそのまま調理に使えます。
冷凍することで繊維が壊れるので料理の時短にも役立ちます。

このように冷凍保存をすることによって得られるメリットというのは節約だけではなく様々なものがあるのです。
勉強すればその奥深さに楽しさを見出す人も多いものです。
まずは自分が日頃よく作るメニューや食材から勉強することで上手に冷凍保存ができるようになります。