一週間まとめ買いがおすすめ

毎日の食事に必要な材料を毎日お買い物に行くという人もいるようですが、できる限り食品は1週間まとめ買いをすることをお勧めします。
そのためにはまず1週間のメニューをあらかじめ考えなければなりません。

1週間の始まりに食べたいと思うメニューを考えたら、ここで使い回すことができる材料も翌日のメニューに考えていくようにしましょう。
もちろん翌日ではなく数日後でも構いません。
お野菜やその他加工品など日持ちするものは1週間の中で間を置いてレシピを考えることができるので重宝します。

様々な調味料なども販売されており、お野菜やその他材料に混ぜるだけで美味しいおかずになってしまうものもありますが、このようなものも1回の食事で使い切るのではなく、使い回しができるようにレシピを考えましょう。
例えば中華料理として作ることの多い麻婆豆腐ですが、レトルトタイプの麻婆豆腐の素を使用して一回で使い切ってしまうと、その日だけで終わってしまいます。
しかし、この素を使い分けることで、数日後にはマーボ茄子を作ることもできます。

このように、一週間を通してメニューをあらかじめ考えてからお買い物に行くことで、ある材料は最小限に留めながら、なおかつコストも抑えられるのでとても大切なお買い物方法になります。

ディスカウント商品を活用する

業務スーパーなどのようにそれぞれの商品をリーズナブルに販売してくれているお店は1週間分のまとめ買いをするときにも重宝します。
お肉などが大量に冷凍された状態で販売されていますが、こうしたお肉を購入し、小分けにしてから冷凍庫で保存しましょう。

お肉を食べる際には、裏技を使って安いお肉でも高級品に思えるような調理方法を用いれば満足度の高い食事をすることができます。
またカップラーメンや即席ラーメンなどに関しては安売りしているとついつい購入してしまうものですが、こうしたものはあればあるほど、何かと食べてしまいすぐになくなるのでできるだけ避けましょう。

さらにパスタを安売りしているときにある程度まとめ買いしておくととても重宝してくれるのでお勧めです。
パスタとして食べるだけではなく、パスタを茹でる際にお湯1リットルに対し、大さじ一杯の重曹を混ぜて茹でることで、中華麺のような食感に変わります。

つけめんや冷やし中華、その他にも焼きそばなどを作る際にわざわざ麺を購入する必要がないので大きな節約につながっていきます。
1週間分のまとめ買いをする際にはこのようなポイントも踏まえながら必要最小限に抑えるようにしましょう。
お菓子類などに関してはできるだけ買わないのが1番ですが、購入する際には、小分けにされているタイプのものを購入し1日に食べる量をあらかじめ決めておきましょう。