作家不明!?譲り受けた絵画を売却しよう

遺産で絵画を譲り受けたけど、価値がわからず処分に困っていませんか。インターネットで調べても、ブランド品と違って簡単には情報がでてきません。
一般の人から価値がわかりづらい絵画であっても、プロの目からだと価値のある作品の可能性があります。
もしも、気になるのなら査定に出してみませんか。思わぬ高値がつくかもしれません。

作家不明でも高値がつくのか

作家が不明でも価値がないわけではありません。絵画の完成度や美しさから、感動する人がいるはずです。知名度だけで絵画の価値が決まるわけではないのです。
絵画専門の買取業者ならば作品の出来ばえや保存状態などさまざまな要素から査定をしてくれます。
もしかしたら、まだ世間に公開されていない有名作家の作品の可能性もあるので、一度査定に出してみてもいいでしょう。

また、日本での絵画の値段はキャンパスの大きさによって決められることがほとんど。
これを号単価といいます。例えば号単価3万円の画家が10号のキャンパスに描いた絵画の場合、30,000×10=300,000円となるわけです。

買取額が高くつく絵画とは

絵画の中でも高くなりやすいのは「原画・肉筆画」「本画」です。それぞれ説明してきます。

原画・肉筆画

画家が直接、描いた1枚の絵画のことです。そのため、原画は最も価値が高く、価格も高くなります。
どういうものかというと美術館に飾られているような絵画がわかりやすいでしょう。油絵だとタッチがよくわかると思います。

本画

本画とは完成した絵画作品のことです。日本画の下絵に対して区別するために使われる言葉で、油絵だとタブローとも呼ばれています。

どちらも共通しているところは、画家本人が実際に筆を取って描いたという点に価値があり、高額になりやすいというわけです。

買取査定を活用しよう

作家不明の絵画だと、どのくらい価値があるのか判断しづらいでしょう。絵画専門の買取業者が査定して、はじめて価値がわかるということが多く、作家が判明し高値がつくかもしれません。
2012年、作者不明とされた絵画がゴッホの作品だったことが判明した事例もあります。この作品は以前からゴッホが描いたといわれていましたが、作者不明とされていました。
しかし、鑑定の結果、ゴッホが使用した絵具の特徴と一致したことで、ゴッホの作品と確認されたのです。
絵画の価値はさまざまな基準から決まります。自分で価値を判断する前に買取査定を利用してみましょう。