今日から実践できる超節約術7選

節約したと思ってもなかなか成果が出かなったり、途中で面倒になって挫折したりする経験をお持ちでないでしょうか?ここでは、今すぐ取り組める節約術7つを紹介します。

クリアケースで毎週の食費を保管

クリアケースに食費を保管しておくと、各週の食費予算を予定通りにまわせているか、一目でわかります。この方法は、1週間ごとに区切った予算を1か月分クリアケースで保存します。

多くの人は、1週間ごとにクリアケースから予算をだし、家庭用財布に移したお金で翌週までやり繰りをして、1か月分の食費を決め、その予算内で買物を決めていると思います。ですが、そういった方法よりも、1週間分の食費を決めてやり繰りをした方が金額の大きなぶれを回避できます。また、予算が残った場合は、次の週へ繰り越さず、貯金箱へ入れましょう。

家族で食料品を買いにいかない

家族で行く買い物は楽しいです。ですが、一緒に家族を連れていってしまうと子どものお菓子屋や夫の酒のつまみなどを買ってしまいがちになります。予定外の出費になってしまうと予算に狂いが出てきてしまうので、買物にいく時は基本的に一人でいき、無駄な出費をおさえましょう。

使い切れるサイズを購入する

肉や野菜などは安く大量に売っていることがありますが、使い切れずに腐らせてしまうこともあります。使い切れずに捨てた場合、お金をむだにするばかりか、食品ロスにもなってしまいます。一見お得に感じる大容量ですが、献立のことを考えると、結果的に切り売りの方がいいでしょう。

必要な食材の優先度順に買物をする

売場を回る時は、メインディッシュになる肉、魚、野菜などの食材から購入し、次に、卵・乳製品・調味料などの売りへいき、予算が余ったら嗜好品を購入しましょう。優先度の高い食事から購入することで、後で購入する商品を調整できます。

店舗を使い分ける

ドラッグストア、コンビニなど、各店舗が持つ特徴で使い分けるものポイントです。日常的に使う卵やパンなどの消費の早い食品は、ドラッグストアで日用品の買物ついでに購入し、どうしても足りないものを近所のコンビニで購入しましょう。ドラッグストアで買物をするメリットは、お菓子やパン、飲料の安さです。それに対してコンビニは全体的に高いので、無駄な買いものは避けるようにしましょう。

料理をしたくない時は休む

料理をしたくない日もあるはずです。そういう時は、スーパーで売っている安いインスタント食品や冷凍食品を活用しましょう。節約を上手にするには適度に手抜きをすることです。これなら外食するより安いうえ、無理に料理をするストレスに縛られずに済みます。

使っていない食器は買取専門店で売却する

節約生活をしていると、自炊をしたものが中心になります。その分お皿を使う機会もふえるわけですが、中に使っていないギフトや引き出物のブランド食器もあるはずです。そういったものがあったら買取専門店に買取ってもらいましょう。特に1年以上使っていないものは、もう使わない可能性が高いので、そういった商品は、片づけついでに売却をしましょう。
ブランド・金・不用品の高価買取ならエコリング

まとめ

今日から節約できる7つの節約術を紹介しました。これを生活の中に組み合わせることで、上手に節約をして貯金できます。是非試してみてください。